腰痛(ギックリ腰予備軍)の方はコルセットをして作業をしましょう!

スポンサーリンク

腰痛もちの方はコルセットを持っておこう!

腰痛もちの方、ギックリをしたことがある方、その予備軍の方は

 

コルセットを持っていた方が良いです。

 

いざとなって動けなくなっときに重宝します。

 

 

ギックリ腰の時は自宅のトイレへ行くのも辛いのに、

病院へ行かないといけません

 

コルセットをすると楽に動けるようになります。

 

重たい作業、腰に負荷のかかる時はコルセットを着用!

介護とか特にそうですが、腰に負担が大きかったりします。

 

介助者の腰が壊れてしまっては、介護をする上では致命的なので

 

そういうときはコルセットを付けておくと良いと思います。

 

普段の掃除で、重いものを動かす時にもコルセットを使うと良いと思います。

 

ただし、コルセットはずっと付けてはいけません!

こちらに理由が書かれてあります。

コルセット装着によって筋が弱る!? 継続使用が体幹筋活動に及ぼす影響について | セラピストプラス | 医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報【マイナビコメディカル】
腰痛や圧迫骨折に処方されるコルセット。疼痛の軽減に効果がありますが、長期間の使用は体幹筋の筋力低下を招き、結果として痛みを助長してしまうこともあります。コルセットを装着すると体幹筋の活動にどのような影響があるのか、その効果や注意点について改めて理解しておきましょう。

 

まとめ

腰を壊してしまった時は病院へ行って下さい!

とにかく、腰があやしい方はコルセットを持っていた方が良いと思います。

 

薬局で売っているコルセットは高くて、なおかつオススメしません。

アルケアの商品は整体や病院で扱われており、また値段がお安めです。

 

腰を壊さないように気を付けましょう。